Fioraのひとりごと

                            ささやかな日常..    ちょっとだけ                                       花しおり

                    何気無く        ピュアなまなざしで

温もり

もうすぐ咲く頃でしょうか。

15年を超える程、以前の出来事・・・、
しばらく住んでいた戸建て仮住まい、朝から玄関の扉を開いたら、
広い庭の剪定のため家主さんの依頼で(シルバーセンターから?)、既に作業を始めて下さってたご年配の方から・・

「!!!」。

・・??、突然強い口調で、なんとおっしゃたか分からず、
・・??、   「えっ?」  ・・思いつつ、


いつものように母を付き添い通院のために、庭沿いの駐車場まで歩くことがままならない母の手を引いて、
車のドア迄10秒も掛からない程度の距離を、数分間掛けて一歩一歩、
・・じわり、じわり、じわり・・  進んでいたら、

私たち二人の様子を見られたその剪定の方、ピタッと口を止められ,


その間、

「パチン・・  パチン・・」 と枝鋏の音だけ。

静かに時が過ぎるあいだに、

( この方も同じくお母様がいらしたこと・・      これまで多くの人生があられたであろう・・ )

・・・と、

その優しく温かい沈黙に、
こちらも無言で感謝しながら・・予約時間急いで車を走らせました。


お昼を過ぎ、数時間後に通院から帰宅した時、既に作業を終えられどなたもいらっしゃらなく、
同じく車から手を引いて  又じわり、じわり・・。


そして扉直前で目にしたもの・・・


       なんて事でしょう


それまで庭のその場には明らかになかったはず、
直前に植えつけて下さり、湿った土が盛られた  ピンク色の可憐な花が・・。

私達が歩いて必ず見える所で、静かに優しく微笑んで出迎えてくれた一輪の花。


剪定作業のためにいらして何かしらか怒鳴ってらした、初めて逢ったご年配の方の言葉に出されない武骨なその優しさ、

温かい心、

そしてご自身が ・・、   ご自身の母を想われる  静かな心・・・。



温かいものがあふれ
癒されたものでした。 それ以来そこに居る期間、同じようにそこを通る度、

いつでも優しく咲くその花は、日暮れ時につぼみ、又朝方開き、

絶えず微笑んでくれた無垢で可憐な花。


今でも、
その可憐さとは程遠い武骨なその方の優しさを思い出す度に、温かいものが込み上げます。


そしてその花をどこかで見つける度に、いつも振り返って愛でてしまいます。


もうそろそろ咲く頃でしょうか・・、
       花の名前も分からないまま・・。

          



再びお逢いする事のないその方へ  伝えたい...

        
          「貴方のお陰で   今日もふっと、
           
                           温かい気持ちになれます。」 

心の琴線に触れるもの・・・

 ブラボー

また素晴しい感動に出逢えました。

昨日、世界中を駆け回っていらっしゃる、あるアーティストの
世界最高のヴァイオリン演奏を聴いて来ました。


弦の音色・・・      
              恋しくて止みません。



一曲数分の素晴らしい芸術品は、全身に染み渡り・・   最高の心の栄養剤です。


・・死後何百年...  いや永久に受け継がれる作品を生み出した偉大なる芸術家と、

現代にその偉大な作品を再現する奏者・・・


一音一音、その瞬間に渾身のすべてを込め、
故に、その者の人柄、それまでの人生、取り囲む者達の深い愛情までもが、ホール中に広がるその音色、

間・・、

その姿に映し出されます。


ベートーヴェン・クロイツェル素晴らしい。
弦とピアノ  
各々の個性、  
         対等な語り・・。



未だ若き奏者には、
20年、30年・・・人生を重ねられ、
益々
深く、篤く、素晴しい出逢いを・・・



心の琴線に触れるものを・・


心より期待しております。




ありがとう

平凡でささやかな日常・・・

 先日、あるお二人の方から、背中をポン!とおして頂いたお陰で・・・


平凡でささやかな日常を

   Blogにちょっとだけ・・  囁いてみようと思います。

                                                                                              
                                                                                    ほんのちょっと
                                                                                                      Fioraのひとりごと  
心の琴線に触れるもの・・・
魅せる・・
そこに、品格